Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://matsulibeat.blog95.fc2.com/tb.php/109-722e82c2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ライブしてきた

大学の学園祭初日ということで、サークルのライブに出演してきました。
2,3年ぶりぐらいにあんなひどいライブしたなーってくらいひどかったです。
超絶プラス思考なので踏み台にして8日に生かそうと考えてますが、体調管理と機材の調節は前提の前提なのでそんなこともできないとは自分はまだまだだなあと思いました。
ただマスタリングで池本とJUNは疲労がたまっていたので、計画立てて余力を残せてあげられなかったのは申し訳ないなあと思った。
エンジニアの先輩もぎりぎりまでありがとうございました。
ともかく、CDは完成したので今日はそれが焼いてきた分すべてはけたのはうれしかったです。
本当に感謝をしてもしきれません。

「握手してください!」だとか「呑まれました」だとか言ってくれる人はいて、ああバンドがもっとしたいなあと握手をしかえしたりした。
ナンバーガールをやっているバンドがあって、あーええわいこれはと観たりした。
アヒトのポジションは女性で、それがまあこりゃ上手なドラムで知らないだけで面白いことはころがっとるなあと観てました。
ボーカルの男性が風邪をひいていたので今日は治ってるといいですね。

日本橋ヨヲコ先生の『少女ファイト』という僕の聖書があるのですが、作中に「バレーをしていると人と人の境界線がなくなるときがある」といった内容のセリフがでてきます。
これは音楽もそうで、4年間池本とライブをし続けてきて心臓が同じになるときが(僕は)何度かあったように思う。特に2年前の学園祭はそうだったように思います。
そこに技術や評価は存在しなくてただ音が鳴っているのがとてつもなく素晴らしい。
そういうところにはうまいもへたも男も女もかっこいいも不細工もなんもないんですよね。
ほしい音がほしいときにあって、やりたいことをやってくれてあとは言うだけ野暮な世界。
JUNにベースが変わって2年近くたちますが、血管がつながる感覚は得ている。
続けることはこれまたすごいことで、とうとうでっかいステージで最後に出演するまでになりました。
お局的なこともあるかもしれないし、自己評価が非常に低いのであれなんですが
池本もJUNもそして僕も自信は持っていいと思う。
よくやった。
すごい!は絶対にいつか自分が作りだすことにあるはずで、それは今でありこれからなんだよ。
すごいすごいすごい!俺たちはすごいです。
要するに挽回すればいい。

今日は溶けるのかなとか思いつつ作業を終わらせて今から仮眠をとる。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://matsulibeat.blog95.fc2.com/tb.php/109-722e82c2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

神谷アルテ

Author:神谷アルテ
band_with_volt@yahoo.co.jp

ウェブサイト
twitter

バンドのウェブサイト
myspace

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。